中古ドメインをどのように使うべきか

- 中古ドメインをどのように使うべきか

中古ドメインをどのように使うべきか

効率的な使い方とは

中古ドメインを入手したいという、まずは第一に考えなければいけないのは、そのドメインが過去に何かしらの不正行為を行っていなかったのかということになります。

ドメイン販売業者がいい加減なところだったとするのならば、折角お金を出して購入したドメインがグーグルからの制裁を受けているということも考えられますので、しっかり調べましょう。

購入してからロクなドメインではなかった・・・。ということに気付くこともないわけではありませんので、当たり外れが多いということは購入の際に覚悟しておきたいところです。

無事に良質な中古ドメインをゲットすることができたというのならば、一刻も早くページの体裁を整えていくことにしなくては、購入した意味がなくなってしまうので急ぎましょう。

新規ドメインならば検索結果として表示されるまでそれなりの時間を要するものなのですが、オールドドメインならば即座に表示されるということも珍しいことではありません。


人の目に触れることを考えて

ちょっと興味があって自分のサイトにアクセスしてくれたという人がいたとしても、つまらないページだと判断されてしまったら二度とアクセスしてもらえることがないでしょう。

なので、予めページのレイアウトを決定しておくということは非常に重要なことになるのではなかいとも思われるので、事前に決定してからページ作成を進めていってください。

特にアフィリエイト目的でホームページを運営しているという人はアクセス数が減るのは致命的な痛手になりますので、常に人目に触れても大丈夫なページを作っていきましょう。

ダメなページだと思われないように

このホームページは面白いところが一つもないな・・・。なんて判断されてしまうようだと自分でも分かるくらいならば、公開しない方がまだマシということにもなってしまいます。

客観的に判断することも大事になるので、余りにも体裁が悪いと思われるような内容ならば、無理して公開せずに時間を掛けて改善していくことにしましょう。